外国為替証拠金取引レバレッジ規制

外国為替証拠金取引をする際に、実際に元手としてトレーダーが支払う証拠金の数十倍~数百倍で取引できるシステムをレバレッジというが、このレバレッジが 2010 年 8 月 1 日から最大で 50 倍、翌年の 2011 年 8 月 1 日からは最大 25 倍までに規制された。

ホーム » 外国為替証拠金取引レバレッジ規制
FX

外国為替証拠金取引のレバレッジが 2010 年 8 月から規制されることになった。これはどういうい事かというと、外国為替証拠金取引をする際に、実際に元手としてトレーダーが支払う証拠金の数十倍~数百倍で取引できるシステムをレバレッジというが、このレバレッジが 2010 年 8 月 1 日からは最大で 50 倍、翌年の 2011 年 8 月 1 日からは最大 25 倍までに規制される事になったのだ。

今まで、レバレッジ 100 倍で外国為替証拠金取引を行っていた人がいたとしよう。元手 10,000 円で、 1,000,000 円分の外国為替証拠金取引ができる。しかし、これが規制後、レバレッジ 25 倍になってしまうと、 1,000,000 円を運用するのに 40,000 円必要となる。

この元手は証拠金又は保証金といい、損失が出た場合にここから損失を支払う。もちろん、多額の通貨を取引するわけなので証拠金以上の損失が出てしまうこともまれにあるが、外国為替証拠金取引のシステムは一定の損失がでたら自動的に清算するなど、証拠金以上の損失がでないような工夫がある。この機能があるかどうか、まず入金前に確かめたい。

レバレッジが規制されると、外国為替証拠金取引で同額の利益を生み出すためにこれまでの 4 倍の元手がかかる、ということになってしまう。レバレッジ 100 倍で外国為替証拠金取引をしている人にとって 4 倍なのだから、外国為替証拠金取引では珍しくはない、レバレッジ 400 倍で取引を行っていた場合など、 1,000,000 円取引に必要な証拠金はたったの 2500 円であったわけだから、その差は 16 倍とはかりしれない。

多くの額を取引する、凄腕トレーダーほど、このレバレッジ規制に頭を抱えているであろう。そしてそのようなトレーダーを抱える外国為替証拠金取引業者もである。

この外国為替証拠金取引のレバレッジ規制がまだ成立する前、多くの外国為替証拠金取引業者が猛反対した。しかしその甲斐も無く、レバレッジ規制は 2010 年から施行される事となった。早いトレーダーは高いレバレッジで外国為替証拠金取引を行える海外の業者に注目し始めている。

Read More
10 months ago
0 62
10 months ago
0 58
10 months ago
0 29