ポーカー用語

ポーカーは他のカジノゲームとはちょっと違います。プレイするにあたって、まず役をしっかり覚えておく、そしてルールをしっかり習得する、そしてポーカー用語を覚えておく、といったステップが必要になってきます。

ホーム » ポーカー用語

ポーカーは他のカジノゲームとはちょっと違います。プレイするにあたって、まず役をしっかり覚えておく、そしてプレイするポーカーゲームのルールをしっかり習得する、そしてポーカー用語を覚えておく、といったステップが必要になってきます。

ブラックジャックルーレットでもルールを知らないと少し困ります。スロットゲームの場合はコインを投入してあとは運を天に任せるだけです。しかし、ポーカーの場合は役を知らない、ルールを知らないとゲームになりません。さらにポーカー用語を知らないと、オンラインポーカーでもライブポーカーでも、テーブルで何が起こっているのかわからず、戸惑ってしまうでしょう。最低限、以下にまとめたポーカー用語だけはマスターしてから勝負に臨んでください。

ポーカー用語

基本的なポーカー用語
アンティ:プレーするごとにゲームに参加している全てのプレーヤーが強制的に払わなければならない小額のベットのことです。
アクション:ポットにお金を入れ、ベット、レイズなど発声や動作を行うことです。
ベット:ポットにお金を入れることです。
ブラインドベット:カードを見る前にベットしなければならないことです。
コール:現在のベットに対して 賭金をあわせること。コールするということは、レイズせずにその勝負から下りないことを意味します。
チェック:自分の前に誰もベットしなかった場合にチェックすることができます。ベットの権利を後ろに譲るという意味です。
レイズ:ベッティングラウンドで賭け金を増やすことです。
ショーダウン:手持ちのカードを全て開いて誰が勝者かを決めること。ベットが行われたのに誰もコールしない場合はショーダウンはありません。
フォールド:自分の手を放棄することです。
マック:カードを見せずの勝負を放棄することです。
キッカー:ホールカードのうち、 1 枚をボートと合わせて役を作っている場合のもう1 枚のカード。
コミュニティカード:テーブルの真ん中に表向きに開かれ、参加しているプレイヤー全員が自分のカードとして、ホールカードと合わせて最高の手役を作るのに使うことが出来るカードのことです。

ゲーム別のポーカー用語
ドアカード:セブンススタッドポーカーで最初に配られるカードのことを言います。
フロップ:テキサスホールデムやオマハでは5枚のコミュニティカードが使われますが、最初の3枚は同時に配られます。このカードをフロップといいます。
ターン:テキサスホールデムやオマハで、4枚目に配られるカードのことです。
リバー:セブンススタッドポーカーでは最後に裏向きに配られるカードです。テキサスホールデムでは最後に配られるオープンカードの事です。

オンラインカジノの場合は、次に何をしたらよいか(ベット、コール、レイズ、チェック、フォールドなど)がボタンで促されますので、楽ですし、ルールやポーカー用語の習得にはぴったりです。