Poker Rule

Poker rule としての基本、プレイヤーがアクションできる、チェック、ベット、コール、レイズ、フォールドの5つのpoker rule を紹介しましょう。

Poker rule としての基本、プレイヤーがアクションできる、チェック、ベット、コール、レイズ、フォールドの5つのpoker rule を紹介しましょう。

チェック:その回のベットをパスするという poker rule です。チェックするプレイヤーはチェックと言うか、テーブルを軽く2,3回叩くことでチェックの意思表示が出来ます。チェックができるのは、自分の前に誰もベットをしていないときで、賭け金を出さずにゲームを続けることができます。自分の前に誰かがベットした場合はチェックできません。

ベット:いくらか賭け金を上乗せすることができる poker rule です。自分の前に誰もベットしていないときでも、しているときでも、ベットをすることができます。 コール:自分の前に誰かがベットをして、そのベットした人と同じ額を自分も出してゲームを続ける poker rule です。

レイズ:意味的にはベットと同じですが、自分の前に誰かがベットした後にだけレイズという言葉を使うのが poke rule です。レイズに対してさらにレイズをすることをリレイズと言います。レイズには種類があり、フィックスドリミッではあらかじめ決められた一定の額のみ増額可能です。

リミットと表示されているゲームはこのフィックスドリミットを指しています。スプレッドリミットは例えば$1-$5の間で任意の額を増額できるという一定の幅を持たせた設定です。トーナメントではほとんど使用されません。ポットリミットとは、ポットにある合計金額をベットできる上限金額とするルールです。最後にノーリミットですが、ベット、レイズが出来る額の上限を定めていません。

ハンドの開始時点でテーブルにある手持ちのチップしか賭ける事ができませんので、実際の上限は参加者の持っているチップの総額となります。これは、ゲームの途中でチップを買い足してポットを大きくしすぎたり、払いきれないベットを受けて強制的にフォールドさせられたりということがないようにです。

フォールド:そのゲームをあきらめて降りることです。フォールドした場合はどんなに強いカードを持っていても勝つことは出来ませんし、そのゲームでかけたお金は戻らないのが poker rule です。