パチンコ 沖海4、どのモードで遊ぶ?

パチンコ 沖海4 (CR スーパー海物語IN沖縄4) の基本情報と4種類のモードについて解説。沖海4のどのモードで遊ぶか、プレイヤー目線でじっくりと解説。

ホーム » パチンコ 沖海4、どのモードで遊ぶ?

[最終更新日 ]

沖海4(CR スーパー海物語IN沖縄4)の基本情報と4種類のモードについて解説。またプレイヤーがどのモードで遊ぶのかプレイヤー目線でじっくりと解説。

パチスロオンカジスロット

沖海4の基本データと選べるモード

大当たり確率や賞球などプレイヤーが重視する基本データについて箇条書きにしてまとめてみました。

※甘デジではなくフルスペックタイプで計測

  • 大当たり確率 1/319.6
  • ラウンド 16Ror2R(突確)
  • 確変突入率 60%(ヘソ・電チュー共通)
  • 電サポ 100回(時短中)
  • 大当たり出玉期待値 約1400玉(16R)

沖海4で遊べるモードは4種類あり、それぞれ海モード・マリンモード・沖縄モード・ハイビスカスモードです。

この4つのモードの中からプレイヤーは筐体下部にあるボタンを押して選ぶことになります。

とにかく当てたいのでシンプルな海モード

沖海4演出動画「クジラッキーが通過したら…!?」

海モードは沖海4以前に沖海3や過去の機種でほとんど搭載されている基本モードとなります。つまり海物語シリーズをメインに打っている方にとって『当たりの感触・予兆』が把握しやすいモードなわけです。

はっきり言って、リーチがかかった後に『魚群』が出現するともう脳汁プシャー状態!

泡予告からのマリンちゃんリーチでハズレてもいいけど、魚群が出現してハズレることだけは許さない、多くのプレイヤーがそう思っていることでしょう。

とにかく魚群さえ登場すればほぼ大当たりになるので、当たることを重視したい方にとって選ぶのが海モードなのです。

中には他のモードで出現する魚群よりも海モードで出現する魚群の方が信頼度が高いと思っている人がいるぐらいですので。

仮に魚群予告で3連続ハズレてしまったら、思わずホール側の『遠隔』を疑わざるを得ませんね。

イルカと共に過ごすマリンモード

沖海4演出動画「マリンチャンス中にウリンが乱入すると…!?」

マリンモードではマリンちゃんのかわいいしぐさはそうですが、当たりに関係する様々なしぐさが見受けられます。

普段海物語をあまり打たない方であれば大当たりの兆候やスーパーリーチの兆候などわからないかもしれません。

『チャンス目』と呼ばれるステップアップから魚群が発生する可能性があります。

このモードで「何かがくる!」とわかる方は玄人ですが、それ以外だと他のモードで遊んで大したリーチなどが来ない時、プレイヤーが息抜きの感覚で遊ぶモードと言えそうです。

またマリンちゃんのキャラクターが好きな方は最初からこのモードで遊ぶ可能性があります。

せっかく沖海を打つのだから沖縄モード

沖海4演出動画「シーサーリーチで台座が金色になると…!?」

沖海だから沖縄モードで遊びたい、プレイヤー感覚としては当たり前と言えます。

沖縄モードで登場するマンボウとシーサーの行方が大当たりに直結します。

マンボウの中にはピンク色のマンボウがいて、緑色のマンボウより期待度が高く、いきなり出現予告が現れるのでサプライズ感満載です。

また沖海3よりも演出ボリュームが増している分、前回とどのように違うのか海物語ファンであればその違いを堪能したいはず。

さらに言えば、パチスロで南国育ち系の機種を打つ方がこのモードで遊ぶことが予想されます。

花びらを光らせてみたいハイビスカスモード

沖海4演出動画「ハイビスカスが左右同時に点滅すると…!?」

ハイビスカスモードは海物語の歴史の中では割と浅い方で、ハイビスカスが光ると『当たり』というシンプルなものです。

さらにこのモードは夕方、夜という概念があり、特に夜背景となると大当たり期待度が増します。

満月SPリーチは海モードの魚群以上の期待度があるのです。

いつも海モードしか打たない方にとっては新鮮に感じされます。

また液晶のハイビスカスが先に光ることもあり、そうなると確変当たりを期待して行方を見守ることになるでしょう。

「光れ、光れ、光れ…」と願って光ったら面白いことこの上ないですよね。

パチンコ 沖海4 モード まとめ

沖海4には4つのモードがあります。

楽しく打つにはその時のプレイヤーの気分もありますが、当たりを重視するなら過去の機種に多く搭載されている海モードで遊ぶことをオススメします。

海モードで出現する魚群は大チャンスなのは間違いありません。

また同じモードで打っていて演出面で飽きたら、違うモードを選択して遊ぶ工夫をするとより楽しめるでしょう。