バカラの罫線、抑えておきたいバカラ攻略法

オンカジに「必勝法」はありませんが、ベッティング法など「攻略法」は数多く存在します。そのひとつがバカラの「罫線」。知っておくとよりバカラが楽しめる罫線について紹します。

ホーム » バカラの罫線、抑えておきたいバカラ攻略法

[最終更新日 ]

オンラインカジノに「必勝法」はなかなか見当たりませんがマーチンゲール法などのベッティング戦法など「攻略法」は数多く存在します。その中のひとつがバカラにおける「罫線」です。ここでは、攻略法でもあり知っておくとよりバカラゲームが楽しめる罫線について紹介します。

そもそも「罫線」とは何?

そもそも「罫線」がどういったものかご存知でしょうか?

バカラを楽しむ方ならば誰しもが一度は目にしたことがあるものなんです。例えば、ライブカジノでバカラゲームをプレイしようとした際に、テーブル選択画面にて「マス目の表」のようなものを見かけることがありませんか?

それこそがバカラにおける「罫線」と呼ばれるものになります。表に記されていること自体は「それまでのゲームで出現した目(プレイヤー・バンカー・タイ)を記録したもの」であり、非常にシンプルなのですが、実は罫線自体にもさまざまな種類が存在します。代表的なものを上げると……

  • 大路(ダイロ)
  • 大眼仔(ダイガンチャイ)
  • 小路(シュウロ)
  • 甲由路(カッチャロ)

などなど、罫線と一口に言っても様々です。

代表的な罫線「大路」について

バカラの罫線がどういったものかをご説明した上で、もっともポピュラーな罫線である「大路」についてご紹介していきましょう。

まずは非常にシンプルに罫線への記入方法をご説明します。例えば、第1戦目にプレイヤーが勝利しました。この時、マスの一番左上に「プレイヤー側の印」を記入します。そして2戦目。もしもプレイヤー側が連勝した場合はそのまま先ほど印を記したマスの直下に「プレイヤー側の印」を。もし、バンカー側が勝利した場合は右隣りに「バンカー側の印」を入れます。ちなみにタイの場合は連勝扱いとし、記したマスの下に斜線を記入します。

基本ルールはたったこれだけなのですが、この大路を利用すると様々なことが見えてきます。

バカラで罫線を利用すると「見えてくるもの」とは?

罫線を利用してバカラの勝敗をメモすることはどんなメリットをもたらすのでしょうか?

バカラというテーブルゲームでは一度テーブル上に出されたカードは破棄されデッキに戻すことはありません。くわえて、セット前にはシャッフルを行いますが、1枚1枚混ぜる訳ではありませんので、カードが「固まってセットされている」そんな可能性も十分にあります。

例えばの話です。プレイヤー側が4連勝していた場合、あなたなら次はどちらにベットしますか?逆張り的にバンカーやタイを選ぶ方もいらっしゃるかもしれませんが、これは大路において「ツラ(勝利を連(つら)ねる)」と呼ばれる一種の傾向であり、次もプレイヤーの連勝の可能性が高いのではないかと推測されます。

その他にも「2勝→1勝→2勝→1勝」と、続く状態を「ニコイチ」や、1勝ずつ分け合う形を「テレコ」と言います。このように、罫線を利用することによって「今プレイしているバカラテーブルの流れ」を見ることが出来、また次の勝者を予想することにつなげることが出来ます。

もちろん、バカラの罫線はあくまでこれまでの「出目傾向」を記したものであり、利用すれば必ず勝利できるものではありません。しかしながらギャンブルの世界における「流れ」や「傾向」は、なかなかバカに出来ないファクターであることもまた事実。 これまでバカラをプレイしながらも罫線を利用したことのなかった方はぜひこの機会に活用してみてはいかがでしょう?バカラのまた新たな魅力を発見できるチャンスになるかもしれません。