Blackjack

Blackjack の基本ルール – 手札が21 になるように進めていきます。最終的にディーラーより21 に近い数字なれば勝ち。21 を超えた時点で負けになるので、カードを追加するか、このままでストップするかを自分で決めるところが、Blackjack の醍醐味の一つです。

ホーム » Blackjack

Blackjack (ブラックジャック)は、カードゲームの一般的な遊び方で、Roulette やBaccara と並んで、海外のカジノでは良く目にするゲームです。

Blackjack の特徴としては、親と子と呼ばれる一対一の対戦方式になっています。また親の事をディーラーと呼び、子の事をプレーヤーと呼びます。カジノで複数の人間がプレイしていますが、プレーヤー同士は勝負しているのではなく、あくまでもカードを配るディーラーとの一対一の勝負になっています。

Blackjack の基本ルールは、手持ちのカードが21 になるように進めていく遊びです。最終的にディーラーより21 に近い数字にすることで勝ちになります。ディーラーより21 にとどいていない場合は、Blackjack ではプレーヤーの負けになります。また21 に近づけるまでblackjack ではカードを引く事が可能です。ただし、21 を超えた時点で、負けになりますので、カードを追加するか、このままでストップするかが、Blackjack の醍醐味の一つです。

Blackjack の用語としては、プレーヤーがカードを追加する事をヒットと呼び、これ以上追加しないことをスタンドと呼びます。また、21 を超えたしまった場合は、バストという呼び方になります。Blackjack の場合、キング、クイーン、ジャックなどの絵札に関しては10 とカウントします。またエースに関しては、21 を超えていなければ1 と計算します。追加するかスタンドするかが、ディーラーとの駆け引きになるのですが、ディーラー側のカードは1 枚だけ確認することが出来るようになっており、そこから相手の持ち札を予想します。

Blackjack をカジノで楽しむ為には、基本的なルールの知識も必要ですが、blackjack の賭け方に関しての知識も必要になります。また、Blackjack では賭け方や、遊び方にローカルルールが複数存在し、行った先のカジノで採用されているルールを把握していないといけません。その他のルールとしては、サレンダー、スプリット、ダブるダウン、インシュアランスなどがあります。

Online Casino には必ずと言ってよいほどblackjack がありますので、ラスベガスデビューの前に練習してみるのもいいかもしれません。