電信送金で外為

電信送金( 電子送金) で外国為替証拠金取引を行う方は多く、その際に利用されているのはイーバンク銀行やジャパンネット銀行などのネットバンクです

電信送金( 電子送金) で外国為替証拠金取引を行う方は多く、その際に利用されているのはイーバンク銀行やジャパンネット銀行などのネットバンクです。しかし、電信送金で外国為替証拠金取引を行う際に利用されるようになってきたものに『eToro 』というサービスもあります。

eToro では電信送金で外国為替証拠金取引ができるだけではなく、クレジットカードを利用して外国為替証拠金取引を行うこともできるため、外国為替証拠金取引に関しては、大変、便利なサービスと言えます。

通常、ネットバンクを利用して電信送金で外国為替証拠金取引を行う場合、手数料がかかります。eToro を利用して電子送金で外国為替証拠金取引を行う場合も、同様に手数料がかかります。eToro を利用して電信送金で外国為替証拠金取引を行うと、ネットバンクやクレジットカードを利用して電信送金で外国為替証拠金取引を行う場合に比べて手数料が高くなっています。そのため、頻繁に電信送金で外国為替証拠金取引を行うと、逆に損をしてしまいかねません。

eToro は小額取引の場合には不向きと言えますが、ネットバンク口座やクレジットカードを持っていない方には便利です。また、電信送金で外国為替証拠金取引を行う際、金額が大きいのであれば、eToro は利用しやすいサービスとなります。利用方法は、eToro の取引口座にログインし、『入金』画面の支払い方法を『電信送金』に選択するだけです。eToro を利用して電信送金で外国為替証拠金取引を行う際の1 回の入金最低限度額は500 ドル、最高限度額は5,000 ドル、1 ヶ月あたりの上限額は10,000 ドルとなっています。