オマハのルール

オマハは テキサスホールデム と並んで、とてもポピュラーなポーカーゲームです。 オンラインポーカー でも、必ずと言って良いほどオマハはラインナップされています

オマハは テキサスホールデム と並んで、とてもポピュラーなポーカーゲームです。 オンラインポーカー でも、必ずと言って良いほどオマハはラインナップされています。テキサスホールデムでは、手札は2 枚しか配られませんが、オマハのルールではテキサスホールデムと違い、最初に4枚のカードが配られます。選べるカードの数が多いので、 役の成立確率はテキサスホールデム よりも高くなります。

参加プレイヤー数は2人~10人くらいまでで、ジョーカーを抜いた52枚のカードを使います。テーブルに置かれる場札の枚数も5枚です。オマハのルールでは各プレイヤーに配られるカードの枚数が4枚ですので、場札と手札を合わせて9枚になります。しかしこの9枚すべてを自由に組み合わせて役を作ることができないのがオマハのルールです。オマハでは、場札から3枚、手持ち札から2枚を必ず選ばなければなりません。このルールですと、例えば手持ち札にに4枚のK が来たとしても手札からは2枚しか使えないので、残念ながらフォーカードにはできません。

カードはディーラーの席から配られ、ディーラーは時計周りで交代するのがルールです。ディーラーの左側のプレイヤーがまずスモールブラインドを置きます。手札が配られる前に置かれるベットなので、カードを見ないという意味でブラインドと呼ばれます。各プレイヤーに 4 枚ずつポケットカードまたはホールカードと呼ばれる手札カードが配られます。ビッグブラインドを置いたプレイヤーの左に座るプレイヤーからベッティングラウンドが始まります。

前のプレイヤーのアクションによって、各プレイヤーはフォールドするか、チェックするか、ベットするか、レイズまたはリレイズするかを決めます。ベッティングラウンドはプレイヤー全員がコールするか、フォールドするまで続きます。テーブルの上に表向きに 3 枚の共通カードが配られ後に、次のベッティングラウンドが始まります。これがフロップです。その後、テーブル上に表向きに配られる4枚目のカードをターンといいます。ターンが配られた後にベッティングラウンドの3周目が始まり、最後の5枚目のカードを リバーと言います。べットが終わった後、残っているプレイヤーは各自のポケットカードの中から 2 枚と、5枚の共通カードの中から 3 枚を使って、最強の役の組み 合わせを作り、手札をショーダウンして競いあうのがオマハゲームのルールになっています。