テキサスホールデムのルール

テキサスホールデム( Texas Hold’em ) は、セブンスタッド( Seven-Card Stud )やオマハ( Omaha/8 )と並んで欧米で非常に人気のあるポーカーゲームのひとつです。

テキサスホールデム( Texas Hold’em ) は、セブンスタッド( Seven-Card Stud )やオマハ( Omaha/8 )と並んで欧米で非常に人気のあるポーカーゲームのひとつです。国際的なトーナメントでも、メインイベントはテキサスホールデムのゲームであることが多いです。運だけでなく、駆け引きの面白さを存分に味わえる、とてもエキサイティングなゲームです。

では、テキサスホールデムのルールを紹介しましょう。使うカードは52枚、ジョーカーは使いません。

最初のテキサスホールデムゲームではまずディーラーボタンの位置を決めます。このディーラーボタンの位置はゲームの毎に左の人にずらしていきます。ディーラーボタンの左隣の人がスモールブラインドを、その左隣の人はビッグブラインドを払うのがテキサスホールデムのルールです。スモールブラインドはビッグブラインドの半額で、まだ何もカードが配られていないうちに、順番にテーブルに置かなければならないベットです。

まず、テキサスホールデムでは、手札となるカードが 2 枚しか配られず、残りのカードはテーブルの中央に場( board )として表向きにして置くのがルールです。場札は全てのプレイヤーが共通して使えるカード (community card) になります。最終的には、手持ちのカード2枚とテーブルに置かれた5枚の計7枚のカードの中から、一番強い役5枚を選び勝負します。ただし、最初の時点では、場札が一枚も開いていない状態なので、最初のベッティングラウンドは手持ちのカード2枚だけが判断材料になります。全然勝てそうにないカードなど思ったら、フォールドして降りてしまっても構いません。

最初のベッティングラウンドでは、上に挙げたブラインドベットが入っているので、テキサスホールデムゲームを続けるには最低でもコールする必要があります。最低でもビッグブラインドと同じ額を出さないと、次のラウンドに進めないルールになっています。もちろん、次のラウンドに参加したくない場合はフォールドできます。

ベッティングラウンドでのプレイの順番はディーラーの左隣の人からとなります。第1ベッティングラウンドが終わったら場札を3枚開けます。この3枚のことをフロップと言います。第2ベッティングラウンドでは、場札をさらに1枚開けます。このカードをターンと言います。第3ベッティングラウンドで最期の場札を1枚開けます。このカードをターンと言います。第4ベッドグランドではショウダウン ( 手持ちのカード見せること ) をして勝者を決めます。

テキサスホールデムの特徴としては、持ち札が2枚しかなく、あとの 3 枚は共通のカードを使うので、相手の持っているかもしれない役をある程度想像することができます。それで、例えば数字や確率に強い人は、数学的なアプローチをすることが可能になるのです。このように、プレイヤー全員が共通で使える場札があること、駆け引きのラウンドが多いことが、テキサスホールデムのルールの特徴です。