Porker

poker は欧米で人気のカードゲームの一つです。poker が生まれた理由には諸説あります。まず、ペルシャで流行していたアス・ナスというゲームに似ているということがよく挙げられています。それから、フランスのポークゲームやイギリスのブラグゲームなどが由来とされることも多く、そのため、poker はフランスやイギリスを拠点として世界各地へ広まっていったとも言われています。

poker が生まれたのは19 世紀頃です。poker はフランスやイギリスよりも今ではアメリカの国民的ゲームとして知られており、アメリカでは友人同士、日常的に娯楽として行われているものでもあります。また、poker が題材となった映画が製作されたり、poker を元にしたゲームが開発されたりしたことも、poker が今、世界共通のゲームとして知られるようになったことに一役買っているようです。

poker は1 組52 枚のカードを使用することが主流です。1 組52 枚のカードが使われるようになったのは1840 年の頃で、南北戦争の頃になると、ドロー・ポーカーやスタッド・ポーカーなどの様々なルールのものが出てくるようになりました。それまでは、『役』と呼ばれるフラッシュやストレートなどは無かったそうです。

そして、今、最も熱いといわれているpoker の種類は、 テキサスホールデム や オマハ です。現在、テキサス・ホールデムやオマハは、アメリカのラスベガスでもよく行われています。

ちなみに、日本でpoker が流行したのは東京オリンピックの開催後です。つまり、日本でのpoker の歴史はまだ浅いことになります。また、日本へも普及されるようになったのは、アメリカのカジノでの人気が高まったことも関係していると言われています。

現在、世界中でpoker が人気を博しています。インターネットで気軽に本格的なpoker をプレイできるonline poker の台頭、そして10 億円を超える桁外れの賞金のポーカートーナメントのテレビ放映などがその理由でしょう。

しかし、何と言ってもシンプルな ルール のわりに奥が深く、頭を使う洗練されたゲームであるというpoker の面白さが、多くの人に理解されてきたのが一番の理由でしょう。