オマハポーカー

オマハポーカーは、テキサスホールデムと並んで人気があるポーカーゲーム。ルールは少し複雑ですが、ポーカー通好みの奥が深いゲームです。

ホーム » オマハポーカー

オマハポーカーは、テキサスホールデムと並んで人気のポーカーゲームです。ルールはテキサスホールデムと似ていますが、もう少し複雑です。

オマハポーカー解説

オマハでは最初に4枚配られて、その後3枚のフロップ、次に1枚のターン、最後に配られる1枚のリバーで、合計9枚になります。役を作る際には必ず手札から2枚、コミュニティーカードから3枚の5枚で役を作らなければなりません。  

オマハポーカーで一番わかりにくいのがローハンドです。ローハンドとは、A を最小として、最も数字の低い5つの数字を集めたものが勝ちというゲームです。たいていが、8以下をローハンドとする 8 or better です。手札の2枚のカードと、コミュニティカードの3枚のカードを使わないといけないので、5枚のコミュニティカードのうち3種類の8以下のカードがないとローハンドは作れません。その場合はハイハンドのみでの勝負になります。  

ローハンドはペアやスリー・オブ・ア・カインド、ストレートやフラッシュという一般のポーカーの役はありません。一番強い役はスーツに関係なく『A2345』です。しかし、ハイハンドでは『 A2345 』はストレートとしてみなされます。ローハンドはそのあと『A2346』『A2356』『A2456』と続いていき、一番弱い役が『45678』になります。ローは数字の低い方が強いローになります。

その強さの比較の仕方ですが、まず5枚のうち数字の高いカード(弱いカード)を見ます。例えば、75432 と7532A というローを比べる場合はまず数字の高い7と7は、5と5は等しいので、4と3を比べると3の方が強いので、7532A の方が強いということになります。ローが不成立のプレイヤーは必然的に負けになります。   ローハンドが成立した場合には、掛け金はハイハンドとローハンドで折半になります。

オマハハイローには最も弱いハンドをそろえるか、最も強いハンドをそろえるかの2種類の勝ち方の方法があります。ハイのみで競うオマハポーカーを オマハ・ ハイと言い、 ローのみで競うゲームはオマハ・ロー、 ハイとローの両方で競うゲームを オマハ・ ハイロー と呼びます。