電信送金でFX

FX 取引の方法は電信送金がメジャーになっています。簡単に電信送金のことを説明しますと、送金する銀行から支払銀行への支払い支持が電信で行われる送金方法で、電信送金とも呼ばれます。電信送金・電信送金には送金手数料がかかります。

ホーム » 電信送金でFX

非常に盛んになりつつあるFX 取引ですが、これからを始めようと思っている人、またFX にちょっと興味を持っている人にとっては、FX はちょっと難しそうな感じがしますね。FX と一言で言っても、具体的にはどういうことなのか、そのあたりから学んだほうが良いかもしれません。

FX とは外国為替証拠金取引のことです。FX も株取引と同じような感覚で為替を取引します。例えば株取引は、銘柄ごとに取引しますね。FX 取引である為替は、通貨ごとに取引をします。海外旅行に行く際に、日本円を売って、旅先の通過を買いますね。これも立派な外国為替取引です。

FX 取引の方法は電信送金がメジャーになっています。簡単に電信送金のことを説明しますと、送金する銀行から支払銀行への支払い支持が電信で行われる送金方法で、電信送金とも呼ばれます。電信送金・電信送金には送金手数料がかかります。ですからあまり小額の賞金には向きません。急ぎの場合や金額の大きな送金に利用されます。FX において電信送金は安全で確実に送金ができるという点でメジャーなツールで、もちろんネットバンクを持っていなくても、例えば都市銀や地方銀行も電信送金サービスを取り扱っていますので、利用可能です。

小額の送金を頻繁に行いたいのであれば、手数料が安いペイパルやその他のインターネット送金サービスや、クレジットカードでの送金がお勧めです。 FX サービスを提供しているeToro でも電信送金サービスはもちろんあります。最低送金額が、電信送金の場合$500と、クレジットカードを利用した場合の$50に比べて高額になっているのも、1回の送金手数料が高額な為、小額の送金では割に合わないからです。それでも、クレジットカードをお持ちでない方には人気の送金方法です。

eToroではさまざまなサービスを提供しており、FX初心者にもわかりやすくFX取引が実行できるようになっています。まずは練習モードのバーチャルFX取引で、FXとは実際にどのようなものなのかを体験してみることをお勧めします。練習モードで慣れたら、電信送金でアカウントに入金し、実際のFX取引に臨むことができます。

[最終更新日 ]