FXチャートの見方

FXチャート – バーチャート、ラインチャートにローソク足。複雑なチャートと格闘しなくても、スマートに取引できる方法があります。

ホーム » FXチャートの見方

オンライン FX 取引と聞いてまず思い浮かぶのがチャート。しかしチャートが解らなくても、チャートを全く使わなくても、 FX で成功する事は可能です!

なぜなら・・・

どの通貨を選ぶか、幾らの時に売買するか、損切りは幾らに設定するか・・・これを決めるのに通常チャートを睨みつけて分析するわけですが、それは、そういう事が得意な人に任せれば良いのです。

そういう人が、どこにいるかって?

eToro Open Book には、現在取引中の世界中のトレーダーがたくさん。リアルタイムで彼等の取引を閲覧、真似ができちゃうんです!

世界中で成功しているトレーダーの動きを追って、全く同じ取引を、貴方も今すぐ実行できるのです。

そして、勝率の高い凄腕トレーダーを見つけたら、クリックひとつでその人が注文する取引をまるごと自動的に真似する事も可能です!

そんなトレーダーが簡単に見つかるわけがない、とお思いですか? eToro Open Book は、過去 1 週間・ 1 ヶ月・3ヶ月の取引データから、利益を多く出したトレーダーのランキングを掲載していますので、成功しているトレーダーを簡単に見つける事ができます。

FX ソフトのチャートを全く見なくても、世界中の凄腕トレーダーと同じ成功率を、貴方も今から簡単に達成できます。

以下は、主なチャートの基礎知識です。

FX チャート

オンラインFX 取引と聞いてまず思い浮かぶのがチャートです。チャートには様々な種類がありますが、いくつかに分類されています。

バーチャートは、最高値と最安値を棒の上下で表記し、始値は左側に横線、終値はを右側に横線で表記したものです。ラインチャートは終値を結んだ折れ線グラフです。

最もよく使われるのがロウソク足チャートです。ロウソク足は多くの情報をひと目でわかるように考案されたチャートです。ロウソク足チャートに慣れておくと、必要な情報が即座にわかるので良いのですが、慣れないと解読するのに多少時間がかかってしまうかもしれません。

FX チャート: バーチャートとは?

FXのチャートは、値動きを視覚的に表現し、一目で動きがわかるようにするためのものです。

値動きをあ明確に表す必要な最低限の情報をシンプルにまとめたものがバーチャートです。一日の最初のレートである始値と、その日の最後のレートである終値、高値と安値の4つの情報が表示されています。

FX チャートローソク足とは?

FXのチャートで最もよく見かけるのがローソク足チャートです。基本的にはバーチャートと同じく、始値と終値、それに高値と安値とが表されています。バーチャートでは色を使わなくても上昇と下降とを区別できますが、ローソク足では色によって上昇と下降とを表現します。

ローソク足もバーチャートと同じように、始値、終値、高値、安値が一目でわかるように作られています。終値と始値を集計する時間によって、1分足、1時間足、日足、週足という様に表現されます。

ローソク足でとまどいがちなのが、使用される色が日本と海外とで異なるという点です。白黒の場合には、白が上昇、黒が下落を表します。 赤が上昇で黒または青が下落を表す場合もあります。これは株式と同じです。しかし、海外のチャートでは信号と同じで、赤は下落で緑が上昇となります。FX業者によっても変わる事もありますから、必ず確認してから取引を始めてください。

[最終更新日 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。